FC2ブログ
スポンサードリンク


とかち日誌サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tokachi12.blog17.fc2.com/tb.php/3-05bb9e7f

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

とかち日誌サイトトップ >日記 >>支笏湖~洞爺湖 後編 プリウスでドライブ

支笏湖~洞爺湖 後編 プリウスでドライブ

美笛峠の道の駅フォーレスト276から、大滝の温泉街をぬけるのですが、北湯沢温泉郷は、ここ10年ほどで大変身!!

北湯沢温泉郷は、以前は小さな温泉街だったのですが、野口観光で、名水亭と、第二名水亭という、ジャンボ温泉観光ホテルが建ちました。

伊達市大滝から、壮瞥町に抜けるんですが、果樹園がたくさんあって、本当にフルーツ街道なんですね。

壮瞥サムズという道の駅に立ち寄りましたが、立派な建物に建て替えられていて、サミットを意識してなんでしょうか、、、?もう既にすでにサミット一色なんですね、、、ポスターだらけです。
洞爺湖サミット国旗
道の駅壮瞥サムズの2階の展望からは、昭和新山をご覧いただけますし、噴火の際の火山灰やらを展示されているんですね。

北海道虻田郡洞爺湖町と有珠郡壮瞥町にまたがる湖の洞爺湖(とうやこ)の湖畔を走りながら、昭和新山には、駐車場が有料なので立ち寄らずは、洞爺湖の温泉街に入ったのですが、さすがサミット一色、道路の舗装工事やら、縁石の交換工事が急ピッチでされてました。

洞爺湖とは、北海道南西部に位置していて、洞爺カルデラ内にできた湖で、面積は日本で9番目、カルデラ湖としては屈斜路湖、支笏湖に次いで3番目の大きさとしても知られています。

東西約11km、南北約9kmのほぼ円形の湖で、中央に浮かぶ中島に鹿が泳いでいくらしいですよ。

洞爺湖のことを、アイヌの人々は「キムン・トー」(山の湖)と呼んでいたが、湖の岸を意味する言葉「トー・ヤ」が和人により湖名とされたといわれており、「どうやこ」と呼ばれることもあるんですが、これは誤りで誤って記憶している北海道民やアナウンサーも多く、公的機関や著名な企業の名称の「洞爺」はすべて「とうや」と読まれていますのでご注意を!

あと、洞爺湖の花火大会は、各ホテルのオーシャンビューの部屋から見るもよし、遊覧船から花火を近くで見たり、駐車場から眺めたりと、最高ですよ。
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ←にほんブログ村に参加しています!

スポンサードリンク

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tokachi12.blog17.fc2.com/tb.php/3-05bb9e7f

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。